夏の魅力は避暑、そして暑さ

夏の魅力は避暑、そして暑さ

夏の一番好きな時間帯は夕暮れ時です。正確な時間で言えば、16時から18時くらいの2時間です。この時間は厳しい太陽がようやく西へ傾きだす時間帯であり、突如涼しい風がさわやかに吹き始める時間帯なのです。

出かけていた場合普通であればこれくらいの時間になれば、家路を考えてしまう時間帯ではありますが、私の場合はむしろこれから出かけたくなってしまいます。夕方にふらりと散歩やドライブに出かけて、夜空を眺めて帰ってくるなんていう休日も少なくありません。

日中は基本的に家に引きこもっています。用がなければほとんど外出はしません。用があっても夕方以降で間に合うようであれば、やはり外へは出ません。典型的なインドアマンであるというのも理由にあるのですが、最も暑い時間帯にわざわざ外に出るという必要性が、私には感じられないのです。

私はかなり本能的な人間だと思います。眠ければ眠ります。おなかが空いていれば食べます。外が寒かったり暑かったりすれば、行動効率も悪いので外には出ないのです。

こういった考えを持っているせいか、これまでに海水浴というものを堪能したということは一度もありません。夏の風物詩ともいえるイベントですが、わざわざ肌をあらわにして日焼け、潮風と塩水に揉まれるという行為は私にとってナンセンスなのです。

私にとっての夏の一番のイベントは避暑です。暑い時は涼しいところへ逃げる。これこそ最も理にかなった行動であり、最もな夏の楽しみだと私は思っています。友人に誘われてあるところに行くまでは、そう思っていました。

私の友人には、全く逆の夏の楽しみを持つ人がいます。その人は夏が大好きで暑い日の暑い時間に限って誘ってきます。炎天下の元「草野球をしよう!」と言ってくるのです。しぶしぶ付き合いはしますが、私はいつもベンチで座り、ノートパソコンで作業したり麦茶をすすっています。

そしてこの間、ハワイに行こうと誘われて同行しました。暑い季節に暑い場所に行くなんてばかばかしいと本当に思いました。呆れ半分で空港に行き、飛行機に行き、ハワイへと着きました。

ハワイの感想はというと、最高でした。何でしょうかあれは。暑いのですが暑すぎてむしろ気持ちよさすら感じたのです。これははじめての経験でした。炎天下の元歩きたい、ビーチに行きたいと思ったのははじめてです。

「最高だろ、夏!」そう友人に言われ、私はうなずきました。暑い時はとことん暑く。これまで知らなかった夏のもう1つの魅力でした。

HH-3(上)

酢味噌作りを研究中

暑い季節には、さっぱり食べられる酢の物の出番が増えます。酢味噌で和える野菜というと、キュウリなんかが定番ですね。でも、他の野菜にも合うんですよ。

塩でもんだ千切りキャベツ。柔らかい方が良ければ、ラップにくるんで電子レンジで加熱してもOK。キャベツを千切りするのが面倒なら和えるのではなく、ざく切りにして酢味噌をつけながら食べるのもアリ♪

ざく切りにした白菜を塩でもんだり蒸したりして、酢味噌で和えるのも美味しい。大根ならいちょう切りか千切り、または拍子木切りにして塩でもんだ後、食べる直前に和えます。酢味噌で和えてからしばらく置いておくと、大根から水気が出て味が薄まってしまうので注意。酢味噌には、ゆでたアスパラやブロッコリー、たけのこなんかもよく合います(^^)

野菜以外では、ワカメやコンニャクなどが酢味噌との相性抜群。私は刺身コンニャクを酢味噌で食べるのが好きです(^^)どうしても食欲が無くなる夏には、毎日刺身コンニャクの酢味噌がけを食べるようになることも…。栄養が偏るとは思いながらも、他に食べる気が起きないんですよね(^^;

酢味噌を作るのは簡単でも、難しいのが味噌・砂糖・酢の割合。酢味噌作りのベテランさんなら、その割合だって全く難しくないのでしょう。「酢味噌を作るのって難しい…」というと、「どこが難しいの?混ぜるだけでいいのに、あんな簡単なものはないよ」と言われてしまったことがあります。混ぜるだけなら私も簡単にできますが、調味料の調節があまり得意じゃありません(>_<)

いつも同じ分量で作っているはずが、酢が効きすぎたり甘すぎたり。逆に、酸味や甘味が足りずに物足りないことも…。いつも同じ味に仕上げられる料理上手さんがうらやましいです(>_<)私も「酢味噌を作るのなんて簡単だよ」と、胸を張って言えるようになりたいです。

分量は同じでも、使う酢や味噌によっても違う味に仕上がるんですよね。私はいつもほとんど同じものしか使わないのですが、たまにちょっと違う味噌を使うと美味しくてビックリしました。それは私の腕ではなく、味噌のおかげだと思いますが(笑)

ちょっと辛みがほしいときは、辛子を加えてもいいですよ。私は自分が苦手なので、辛子入りの酢味噌を作ることは滅多にありませんが(^^;暑い季節には、さっぱり食べられる酢の物の出番が増えます。酢味噌で和える野菜というと、キュウリなんかが定番ですね。でも、他の野菜にも合うんですよ。

塩でもんだ千切りキャベツ。柔らかい方が良ければ、ラップにくるんで電子レンジで加熱してもOK。キャベツを千切りするのが面倒なら和えるのではなく、ざく切りにして酢味噌をつけながら食べるのもアリ♪

ざく切りにした白菜を塩でもんだり蒸したりして、酢味噌で和えるのも美味しい。大根ならいちょう切りか千切り、または拍子木切りにして塩でもんだ後、食べる直前に和えます。酢味噌で和えてからしばらく置いておくと、大根から水気が出て味が薄まってしまうので注意。酢味噌には、ゆでたアスパラやブロッコリー、たけのこなんかもよく合います(^^)

野菜以外では、ワカメやコンニャクなどが酢味噌との相性抜群。私は刺身コンニャクを酢味噌で食べるのが好きです(^^)どうしても食欲が無くなる夏には、毎日刺身コンニャクの酢味噌がけを食べるようになることも…。栄養が偏るとは思いながらも、他に食べる気が起きないんですよね(^^;

酢味噌を作るのは簡単でも、難しいのが味噌・砂糖・酢の割合。酢味噌作りのベテランさんなら、その割合だって全く難しくないのでしょう。「酢味噌を作るのって難しい…」というと、「どこが難しいの?混ぜるだけでいいのに、あんな簡単なものはないよ」と言われてしまったことがあります。混ぜるだけなら私も簡単にできますが、調味料の調節があまり得意じゃありません(>_<)

いつも同じ分量で作っているはずが、酢が効きすぎたり甘すぎたり。逆に、酸味や甘味が足りずに物足りないことも…。いつも同じ味に仕上げられる料理上手さんがうらやましいです(>_<)私も「酢味噌を作るのなんて簡単だよ」と、胸を張って言えるようになりたいです。

分量は同じでも、使う酢や味噌によっても違う味に仕上がるんですよね。私はいつもほとんど同じものしか使わないのですが、たまにちょっと違う味噌を使うと美味しくてビックリしました。それは私の腕ではなく、味噌のおかげだと思いますが(笑)

ちょっと辛みがほしいときは、辛子を加えてもいいですよ。私は自分が苦手なので、辛子入りの酢味噌を作ることは滅多にありませんが(^^;暑い季節には、さっぱり食べられる酢の物の出番が増えます。酢味噌で和える野菜というと、キュウリなんかが定番ですね。でも、他の野菜にも合うんですよ。

塩でもんだ千切りキャベツ。柔らかい方が良ければ、ラップにくるんで電子レンジで加熱してもOK。キャベツを千切りするのが面倒なら和えるのではなく、ざく切りにして酢味噌をつけながら食べるのもアリ♪

ざく切りにした白菜を塩でもんだり蒸したりして、酢味噌で和えるのも美味しい。大根ならいちょう切りか千切り、または拍子木切りにして塩でもんだ後、食べる直前に和えます。酢味噌で和えてからしばらく置いておくと、大根から水気が出て味が薄まってしまうので注意。酢味噌には、ゆでたアスパラやブロッコリー、たけのこなんかもよく合います(^^)

野菜以外では、ワカメやコンニャクなどが酢味噌との相性抜群。私は刺身コンニャクを酢味噌で食べるのが好きです(^^)どうしても食欲が無くなる夏には、毎日刺身コンニャクの酢味噌がけを食べるようになることも…。栄養が偏るとは思いながらも、他に食べる気が起きないんですよね(^^;

酢味噌を作るのは簡単でも、難しいのが味噌・砂糖・酢の割合。酢味噌作りのベテランさんなら、その割合だって全く難しくないのでしょう。「酢味噌を作るのって難しい…」というと、「どこが難しいの?混ぜるだけでいいのに、あんな簡単なものはないよ」と言われてしまったことがあります。混ぜるだけなら私も簡単にできますが、調味料の調節があまり得意じゃありません(>_<)

いつも同じ分量で作っているはずが、酢が効きすぎたり甘すぎたり。逆に、酸味や甘味が足りずに物足りないことも…。いつも同じ味に仕上げられる料理上手さんがうらやましいです(>_<)私も「酢味噌を作るのなんて簡単だよ」と、胸を張って言えるようになりたいです。

分量は同じでも、使う酢や味噌によっても違う味に仕上がるんですよね。私はいつもほとんど同じものしか使わないのですが、たまにちょっと違う味噌を使うと美味しくてビックリしました。それは私の腕ではなく、味噌のおかげだと思いますが(笑)

ちょっと辛みがほしいときは、辛子を加えてもいいですよ。私は自分が苦手なので、辛子入りの酢味噌を作ることは滅多にありませんが(^^;

多重債務